国債を購入する

pcをみる老夫婦

国債とは国(政府)が発行する借用証書で、国にお金を貸すことにより取得するというものです。どこの国の国債を買うかについては、考えなければならないポイントはいくつかあります。  まずはリスクです。信用リスク(発行元が元金や金利を払えなくなるリスク)やカントリーリスク(発行国の財政状態や戦争などによる債券価格低下のリスク)などがあります。  また「金利が下落すると債券価格は上昇し、金利が上昇すると債券価格は下落する」という関係も覚えておくべきでしょう。  このように、ただ単に利率や発行価格だけで判断すると損をしてしまう可能性もあります。また外国債であれば為替相場も絡んできます。  国債購入の際は情報収集をしっかりして、慎重な判断を行うようにすべきでしょう。

 借金大国である日本の国債はかなり前から危ないと言われながらも、未だ根強い人気を誇っています。  まず日本国債は、ムーディーズの格付けではA1(安定的)の評価が付けられています。世界的な安全性は高く、信用リスクは低いということです。  また円ベースでは、日本国債は最も安全な資産とも言われています。その価値がなくなるという事は、日本の財政が破たんする。すると円が暴落するから円の預金も価値がなくなる、という事になります。  金利も個人向け国債の10年物であれば、金融機関の定期預金の利息よりずっと高いので、預金代わりに国債を持つ人もいます。  このように株式や投資信託などに比べればローリスク・ローリターンですが、手堅く資産運用をしたい、という人にはお勧めと言えます。