家賃保証は重要

粘度のお金とビジネスマン

 老後の生活費を確保する目的や、病気や倒産などによる失業リスクを回避する目的で、不動産の賃貸経営を始める人が多くなってきています。順調な賃貸経営を実現させることができれば、継続的に安定収入を得ることができるようになりますので、万が一のことが起きた場合にも慌てる必要がなくなります。また、賃貸経営をやめた場合にも不動産が残るというメリットがあります。相続税を節約する効果も期待できるため、真剣に賃貸経営のことを検討する人が多くなってきているのですが、部屋を借りてくれる人が現れなかったらどうしようと、不安を感じる人が少なくありません。空室リスクを回避したいのであれば、家賃保証サービスを提供している賃貸管理会社に相談してみることをおすすめします。家賃保証サービスを利用すれば、空室の有無に関わらず、常に安定した収入を得ることができます。実際に家賃保証サービスを利用して大家業を営んでいる人が大勢いますが、今後利用者の数がさらに増えるだろうと予想されています。

 賃貸物件の借主が、連帯保証人を立てる代わりに家賃保証サービスを利用する場合は、2年おきに3万円程度の保証料を支払うシステムになっているケースが多いです。一方、賃貸物件のオーナーが空室リスクを回避する目的で家賃保証サービスを利用するような場合ですと、その保証料の設定は業者によってマチマチになっています。そもそも、家賃保証サービス契約を単独で結ぶのではなく、賃貸管理サービス契約のオプションサービスという取り扱いになっているケースが多いです。したがって、管理手数料も発生することになります。素人が賃貸経営をする場合は、専門業者に賃貸管理を任せてしまう方が何かと便利です。ただし、業者によって管理手数料に大きな違いがありますので、事前に複数の業者から見積もりを取って、比較してみることが大切です。