受け渡しは後で

案内する女性

取引を行なう際には取引するものがあることが前提で行なわれますが、このような取引を現物取引といいます。しかし、取引する商品がまだない状態で、価格や数量だけ決めて引き渡しは後日にというような取引も存在します。

Read More

国債を購入する

pcをみる老夫婦

国債は国が発行する借用証書として有名ですが、この国債は立派な金融商品として知られています。日本は国債を多く抱えている借金の国として有名ですが、国債を購入する際に不安に思う事をこのページを見ることで解決することができます。

Read More

管理を任せる

赤いグラフのイラスト

賃貸管理には様々な手間がかかってきます。しかし、現在では不動産屋に家賃の収支や賃貸管理を依頼することができるようになっているため、大家さんもかなり管理が楽になるシステムとなっているので利用すると良いでしょう。

Read More

家賃保証は重要

粘度のお金とビジネスマン

家賃保証は賃貸経営を行なう上でとても重要な保証となっています。賃貸経営は継続的に収入を得ることができるようになっているのですが、空室などがあると定期的に安定した収入を得ることができないので家賃保証が重要になってきます。

Read more

資産運用で

イラストの金塊

自由に経営できるのがアパート経営の良い所です。最近では資産運用などでアパート経営を行なう方がいますが、自分で必要な時に投資などを行なえるようになっているので資産の状況に合わせてリフォームなどができるようになっています。

Read more

世界の先物取引

積み木で遊ぶ家族

ニュースなどで、原油や金の先物取引が話題になることがありますが、多くはニューヨークでの先物取引の価格が使われます。例えば、原油価格が50ドルを割ったとか、金が1100ドル台に下がったとかです。ニューヨークに限らず世界中には先物取引所がたくさんあります。特に、アメリカは先物取引における顧客保護のための規制が多く、非居住者には免税していますので、世界中から利用されています。アメリカの先物取引は、至るところで行われていますが、今ではCMEグループに統合された取引所で主に取引されています。所在地はニューヨークとシカゴに分かれていて、原油はニューヨークにあるNYMEXで、金はCOMEXというところで取引されています。

アメリカの先物取引は、電子取引が中心になっていますので、取引所を意識することは余りありません。また、取引時間もFXと同じとはいきませんが、結構長い時間できます。ところで、アメリカの先物取引では、アルファベットを特殊な意味で使うことがあります。日本人にとって一番奇妙に見えるのが、限月を表すアルファベットです。1月から順に書きますと、1月がF、2月がG、3月がH、4月がJ、5月がK、6月がM、7月がN、8月がQ、9月がU、10月がV、11月がX、そして12月がZです。順番が微妙にずれているのが奇妙ですが、CMEのウェブサイトでは、このアルファベットを使わずにJANなどの月の略号を使っていますから、知らなくても限月がわかります。アメリカの先物取引の価格は、CMEのウェブサイトで知ることができますが、他にはCRBのウェブサイトでも一覧がみれます。

オススメリンク